本文

福袋用の缶バッチには商品に合わせたデザインのものを

福袋用の缶バッチ

ここ数年、衣類や雑貨品などの福袋がブームになっています。

一昔前のように、売れ残りの寄せ集め的なものや着られない・使えない商品が入っていることもなく、サイズや色柄が選べるなど顧客のことを考えた福袋が当たり前になりましたが、 更に洋服や帽子・カバンのアクセントとなる缶バッチを同梱し、お得感をUPさせてみてはいかがでしょうか。

若者が対象の福袋であれば、メタリックホログラムなどの派手系缶バッチも活用できますし 、年齢層が高い方を対象としている福袋を販売されるようでしたら、布缶バッチもオススメです。


布缶バッチでオリジナルのロゴを印刷したり、洋服や帽子がシンプルな物であれば 花柄やヒョウ柄などの缶バッチを生地持ち込みで作製することも可能ですよ。

販売側がコーディネートを考え福袋を用意してあげるとお客さまは喜んでくれるはずですし、 市販されているものを活用するより、布生地を利用したオリジナル缶バッチの方が驚きも大きいかと思います。

そして何より商品と缶バッチがマッチしてると、『商品をcuteに着こなして欲しい』という販売側の思いも伝わりますよね。


また、お店のPR用にデザインしたものとセットで同梱しておくのもgoodアイデア♪

台紙付きの透明袋に2個セットで封入も可能ですので(別料金)、ご希望の方は事前にご相談くださいませ。

詳細はこちら >> 生地持ち込み缶バッチ加工


ページトップへ