ここから本文です

ハロウィン用の缶バッチは可愛くて大人気!

ハロウィン用 缶バッチ

日本では十数年前からでしょうか、大型テーマパークでハロウィンのイベントが開催されたり、 オレンジ色のカボチャや、オバケのキャラクターグッズが販売されたりするなど、 『ハロウィン』が知れ渡るようになりました。


ハロウィンは毎年10月31日で(正式には11月1日が『万聖節』という元々は 秋の収穫を感謝する日でその前夜祭にあたります) 11月2日頃までが、日本でいうお盆の時期なのだそうです。



日本のお盆なら亡くなった方の魂を迎え入れるという意味合いですが、 ハロウィンは亡くなった方の魂と同時に魔物もこの世にやってきて、 作物を荒らしてしまうと言い伝えられており、その魔物を追い払うため、 オバケの仮装をしたりカボチャを顔のようにくり抜きロウソクを灯した提灯が飾られます。


本来であればお盆の行事で粛々としていなければならない日ですが、 日本ではなぜか可愛いイラストの筆記用具や雑貨類などが続々と販売されるようになりました。


そういったグッズの中には当然と言っていいほど缶バッチも並んでいますね。



近頃はアニメキャラとカボチャがコラボしたハロウィン用缶バッチなどもあり、 期間は短いながらも可愛い物好きな日本人には、たまらないグッズだと思います。


また、現在よく活用されているのが英会話教室のハロウィンパーティーで、 小学生以下の子供たちが集まって英語で歌をうたったりゲームをしたあと、 外国産のお菓子やハロウィンの缶バッチをプレゼントされると、とっても喜んでくれるようです。


もちろん、オバケや魔女など仮装した衣装に缶バッチを付けると、ますますcuteになりますよ!!



詳細はこちら >> 缶バッチ 製作


ページトップへ